トラピストビール「オルヴァル」

トラピストビール「オルヴァル」

オルヴァル修道院はベルギーよりもさらに小国のルクセンブルグと隣接するベルギー・ルクセンブルグ州南部フランスとの国境近くの森の中にひっそりと存在します。トラピストビールとして修道僧が責任者としてオルヴァル修道院にて醸造されるビール「オルヴァル」は瓶内3次発酵とドライホッピングという醸造法が有名で世界中から愛されています。
ビールによる収益は修道院の存続や地域社会への還元が行われおり、ビールの世界においても例として近所のルル醸造所などへ酵母を分け与えるなど設立手助けやビールの品質管理を手伝ったり、地域の小さな醸造所のビールの展示会出展を補助したりとまさにビールによっての社会貢献を行う姿勢そのものも修道院ならではです。

マチルド夫人と鱒(マス)の伝説

この谷Valには伝説が残っています。イタリア、トスカーナ地方のマチルド伯爵夫人がこの地を訪れた際に、この谷にて結婚指輪を泉へ落としてしまいました。 夫人は「指輪が返してください。もし返していただければそのお礼としてこの地に修道院を建てます」と祈りました。 すると一匹の鱒(ます)が指輪をくわえ水面へと姿を現し、その様子がオルヴァルのラベルとなっています。
マチルド夫人は「ここはまさに黄金の谷(Val d'Or)ね!」と喜んだと言われ、それがオルヴァル修道院やこの地域の呼称のもととなり、またマチルド夫人は約束通りそのオルヴァルにて修道院を建てたとされています。 そしてその鱒が指輪を加えてあがってきた場所はマチルドの泉といわれこのオルヴァル修道院内に存在する。この泉と同じ源泉がオルヴァルビールに使用されているのです。

ブレタノマイセス(野生酵母)と瓶内三次発酵

オルヴァル修道院のもともとの醸造方法はベルギーの一部にも見られる伝統的を利用していて世界中の醸造家が注目するものでした。現在は行っていないものの、以前は発酵釜を開放することによってブレタノマイセス(野生酵母)や微生物を取り込んでいました。以前のオルヴァルはボトリングから半年ほどたつと野生酵母の動きによって酸味があらわれオルヴァルにも様々な味わいが存在していたのです。現在は発酵釜は閉じられたものでありボトリング前に野生酵母をボトリング用のタンクに人の手によって入れられています。

ドライホッピング

オルヴァル修道院の商品が1件見つかりました。
  • «
  • 1
  • »