父の廃業からの復興

父の廃業からの復興

カズー醸造所はベルギー最古の都市トゥルネーからすぐのテンプルーブの町に位置し、フランスの国境までも数キロの場所に位置します。1753年から代々続く伝統的な農家が営む醸造所でしたが、現在の醸造家の父の代である1969年に一度閉鎖を余儀なくされました。現在のローラン氏が2004年に再興し、トゥルネーの地域で唯一稼働している醸造所となっています。トゥルネーはベルギーでも最古の町と言われ、運河にかかるトル橋(13世紀に築かれた壁が残ったものの第二次世界大戦で壊され再建)からノートルダム大聖堂や鐘楼などの世界遺産を眺めたものがトゥルネーブランドのラベルとなっています。

非常に小さな醸造所でボトリングまですべて手動ですが、年に一度エルダーフラワーを漬け込んだ本物の花の香りを醸し出すセゾン・カズーなど野心的な試みを行う醸造所でもあります。この醸造所のローラン氏はルル醸造所のグレゴリー氏と大学時代からの旧友でもあり、ブリュセレンシスビアフェスティバルに参加する醸造所はどこも小さいが、最高の味わいを求めながらお互いを尊重しているという良い例です。

カズー醸造所の商品が4件見つかりました。
  • «
  • 1
  • »